[二子玉川]コート・ド・ルージュ ターブルのアフタヌーンティーに行ってきた1

二子玉川の「コート・ド・ルージュ ターブル」にて
アフタヌーンティーを頂きましたので、
そのレポートをいたします。

スポンサーリンク

コート・ド・ルージュ ターブル 
アフタヌーンティー

二子玉川の「コート・ド・ルージュ ターブル」でアフタヌーンティー

二子玉川ライズに入っているレストラン
コート・ド・ルージュ ターブル」にて、
アフタヌーンティーを頂いて参りました。

「コート・ド・ルージュ ターブル」は、
あの「銀座マキシム・ド・パリ」が運営しているお店です。

キッチン及びサービススタッフも銀座マキシム・ド・パリ出身だそうで、
メニューや食器、コンセプトなどすべてにおいて、
「日常の贅沢」をテーマに展開しているお店です

場所はこちらです。

店名 コート・ド・ルージュ ターブル 二子玉川店
住所 〒158-0094 東京都世田谷区玉川2-21-1 二子玉川ライズ・ショッピングセンター タウンフロント1F
電話 03-5797-5027
時間 11:00~23:00(L.O.22:00)
休日 無休(施設休館日に準じる)
URL
地図
大きな地図で見る

一休.comレストランで予約した

行く数日前に、あらかじめ、一休.comレストラン
予約をしていきました。

一休.comレストランは、高級ホテルの予約サイト一休.comが運営しており、
有名レストランの予約が出来るサイトです。

通常価格よりもお得なプランがラインナップしており、
利用するとポイントも貯まります。

貯まったポイントは、高級ホテルの予約に使ったり、
航空会社のマイルや他社ポイントにも交換できるので、
せたけんはレストランを利用するときには、
いつも一休.comレストランで予約をしています。

今回は一休限定プランの

「「アフタヌーンティー」ちょっとお洒落にお食事を ~お一人様1,365円~」

というプランを予約しました。
(現在ではこのプランは終了しています。)

一休.comレストラン 予約画面

時期によって、
予約できるアフタヌーンティーのメニューが違います。

一休.comレストラン
一休.comレストラン
・「コート・ド・ルージュ ターブル」アフタヌーンティープランを見る(閉店しました)

お店の場所は二子玉川の駅を出てすぐ

「コート・ド・ルージュ ターブル」は
二子玉川ライズのタウンフロント1Fにあります。

コート・ド・ルージュ ターブル

二子玉川駅を二子玉川ライズ方面に出るとすぐにあるので、
迷わず行けると思います。

下の画像は、
お店の前から、駅の方を見た画像です。

コート・ド・ルージュ ターブル 駅からすぐ

ふと見上げると、二子玉川ライズの天井に
大きな紅葉のシルエットが。。。
ネルフみたいだ(笑)。

二子玉川ライズ 天井の模様

わお!個室ブースに案内されたよ!

さっそく、入店し、
係のお姉さん(美人)に予約した旨と名前を伝えます。

そしたら、なんと店内の奥にある、
個室ブースへ案内されました!嬉しい!

特に個室希望は出していなかったのですが、
店の奥にある個室を用意してくれました。

ブースの外観は撮影できなかったのですが、
ブース内は、落ち着いた感じで、良い雰囲気。
3人くらいが座れるソファーでです。

コート・ド・ルージュ ターブル 個室ブース

個室だとは思ってもいなかったので、超嬉しい!
これも一休.comレストランで予約したパワーでしょうか(笑)?

一休.comレストランの予約画面で
「可能なら禁煙席を」と希望してはいましたが、
まさか個室だとは思いませんでした。

この個室は、店内奥の角にあり、
左側は壁になっていますが、
右側は薄手のカーテンで仕切られています。

個室の薄手カーテン

隣の席との間に薄手のカーテンがあるだけなので、
うっすらとこちらの姿は見えると思います。
それでも、秘密っぽくていい感じです。

隣との仕切りにあるカーテンは薄手

個室は落ち着いてゆっくりできるのでいいですね。
他の客からの目が気になりませんので、
女性なら嬉しいと思いますよ。

ただ、個室とはいえ、ドアはないので、外は見えます。

個室入り口のカーテン

でもよく見ると入り口のカーテンの弛みに余裕があるので、
店員さんに言えばカーテンを閉めてくれるのかもしれません。
入り口のカーテンは薄くなく、厚手のカーテンになっています。

入り口のカーテンは厚手

3段スタンドタイプのアフタヌーンティー

テーブルにアフタヌーンティーの案内が置いてあります。

コート・ド・ルージュ ターブル

店員さんによると、
三段目にあるスイーツは、
プラス300円で苺のミルフィーユに交換可能だそうです。

「銀座マキシム・ド・パリ」といえば、苺のミルフィーユなので、
かなり迷いました。。。

しかし、3つあるスイーツが、
苺のミルフィーユ1つと交換になってしまうのは
いささか寂しいので、今回は遠慮しました。

これはかなり悩む選択ですね。

飲み物は紅茶かコーヒーのどちらかになります。

おかわり可能です。
紅茶はミルクティーかレモンティーを選べます。

せたけんは、コーヒーよりも紅茶派なので、
紅茶を選び、レモンをお願いしました。

紅茶

食事中、おかわりしてみたらポットで届きました。
ポットには、2杯分くらい入っており、
レモンも新しいのが届きます。

おかわりした紅茶

紅茶ポットはそっと注がないと、
ポットのふちをたどって、かなり垂れるので気をつけて。
垂れると言うよりも、溢れると言ってもいい感じです(笑)。

というわけで、しばらくすると、
アフタヌーンティーセットが運ばれて参りました!

じゃじゃーん。
イギリスの伝統的な三段トレイスタイルです。

アフタヌーンティー 3段トレイ

1段目はサンドイッチ
2段目はスコーンとクロワッサン
3段目はスイーツ

となっています。

1段づつ食べていきますが、
長くなってきましたので、レポートは次回

コート・ド・ルージュ ターブルのアフタヌーンティー2 パンとスコーン編

に続きます。

スポンサーリンク

このページの先頭へ