世田谷線つまみぐいウォーキングを上手に攻略する方法

「世田谷線つまみぐいウォーキング2012」
に参加しました。

その時に感じたことをアップします。
上手に攻略する参考になればと思います。

スポンサーリンク

世田谷つまみぐいウォーキング

つまみぐいウォーキングは毎年秋に開催

こんにちは、
せたけん(@setalab)です。

世田谷区では、毎年秋に
世田谷線つまみぐいウォーキング」を開催しています。

世田谷線沿線で営業している商店が
自慢の商品を1つ提供し、それをつまみぐいできるというイベントです。

もちろん参加は無料。
スタート地点で、このようなチケットを貰います。
10枚綴りのチケット。これを1枚づつ店舗に出して、つまみぐいさせて貰います。

世田谷つまみぐいウォーキング チケット

一人10店舗までつまみぐい可能。

いっしょにパンフレットを貰えるので、
掲載されてる店舗と商品をガン見して、どれを優先して食べるか必至に考えるべし。
どの店を選ぶかで、満足度も変わってきます。

つまみぐい ショップ一覧

で、参加してみていろいろ気がつきました。
参考になればと思い、リストアップしてみます。

  • 参加時間は早い時間を選べ!人気店は品切れ必至
  • 秋とはいえ、暑い!
  • 行列や調理待ちで時間がかかる店もある
  • 範囲が広いので4時間くらいかかった
  • 食べ切れそうにないなら、持ち帰れそうなものを選ぶ
  • 濡れティッシュが欲しくなる

それぞれについて、詳細を書きますので、
参加する際の参考になればと思います。

参加時間は早い時間を選べ!人気店は品切れ必至

参加応募の段階で参加時間を決めることになります。
募集は公式サイトで行われます。

2012年は

  • 10時30分
  • 11時
  • 11時30分

の3種類の参加時間がありました。

11時出発の時間を選んだのですが、失敗しました。

つまみぐいできる商品が品切れになるお店があります。
遅いスタートほど、その確率が高くなるので、
一番早い出発時間を選ぶべし。

三軒茶屋からスタートすると、
豪徳寺や下高井戸に到着した頃にはもう商品が無くて、
お目当てのものを食べられずにチケットが余ってしまうこともあります。

当然、下高井戸から出発すれば、
三軒茶屋近辺の商品が品切れになると思われます。

三軒茶屋の集合場所は、駅前の広場。

世田谷つまみぐいウォーキング 集合場所

なお、スタート地点は決まっていますので
勝手な場所から始めることは出来ません。

チケットはスタート地点でしか貰えません。

この年のスタート地点は、

  • 三軒茶屋
  • 下高井戸
  • 梅ヶ丘

の3箇所でした。

スタート地点は応募の段階で選びます。
当日になって変更することは出来ません。

秋とはいえ、暑い!

10月に行われたイベントですが、天候によってはとても暑いです。
かなりの広範囲を歩くことになりますので
水の補給や帽子をかぶった方が良いでしょう。

運営側でも飲み物を用意してくれます。
お茶を頂きました。

お茶の引換券

おーいお茶を貰った

行列や調理待ちで時間がかかる店もある

人気店は行列ができるので、
時間を無駄に過ごしてしまいます。

行列店を避けるのも一つの戦略です。

また、亜瑪羅亭のタンシチューのように、
調理が終わるのを待つ必要があるお店もあります。
この場合も、ちょっと時間を無駄にしてしまいます。

でもタンシチューは旨かった!!
タンシチューは昼の12時頃に品切れになりました。早い!

タンシチュー

お目当ての商品がなくなってしまうのが気になる方は
行列で時間を無駄にせずに、お目当ての店を先に目指しましょう。

範囲が広いので4時間くらいかかった

つまみぐいウォーキング 地図

広範囲にわたって開催されるイベントですので、
歩くとなると、かなり時間がかかります。

せたけんの場合、11時に出発して

三軒茶屋〜若林〜松陰神社〜世田谷〜上町〜豪徳寺〜松原〜梅ヶ丘

と歩きました。

その後、家に着いたのが4時間後の15時頃。
いやあ、疲れた疲れた。。。。

あまり歩きたくない人は、三茶でチケット10枚すべて使ってしまうとか、
お目当てのお店近辺で使い果たしてしまうとかでも良いと思います。

せたけんは、食べたかったものが、あちこちに散らばっていたので、
ちょっと無理して歩きました。

濡れティッシュが欲しくなる

いろんなものを食べるので、手が汚れます。
肉系やスイーツ系など、手づかみで食べることもあるので、
濡れティッシュがあると嬉しいですよ。

食べ切れそうにないなら、持ち帰れそうなものを選ぶ

梨

10商品も食べるとお腹いっぱいになってしまう人もいるでしょう。
その場合は、果物や和菓子、クッキーなど
持ち帰れそうなものを選ぶと良いでしょう。

その場で食べないとならないものが多いので、
気をつけましょう。

果物は、バナナや梨などがありました。

初めて訪れる店のファンになることもあるので楽しい

というわけで、ちょっとしたアドバイスでした。

こういうイベントに参加すると、
まったくノーマークだったお店が意外と美味しい!
と気づくことがあります。

是非、参加してみては如何でしょうか?

今年の応募はすでに締切になってしまいました。
せたけんも申し込めなかった。。。。

去年は抽選だったのですが、
今年は先着順になってしまったようです。残念。。。。。
来年に期待。

では、次の記事で
食べたものと、美味しかったものベスト5を発表します。

スポンサーリンク

このページの先頭へ